【ジャローダ】ロイヤルポケモン(イラスト2枚)

ポケモンイラスト

ロイヤルポケモン、ジャローダのイラストです。

今回は2枚です。

 

↓1枚目です。

 

 

初めて登場したのは、「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」です。

   

睨むだけで相手の動きを止めてしまう威圧感を放ち、それでも向かってくる強い敵にだけ本気を出すそうです。

気高い騎士のような立ち振る舞いをしそう。

 

 

非常に私事ではありますが、、、

ジャローダは、わたくしが一番推しているポケモンなんです。

ゲーム本編で初めて見たとき、蛇が割と好きだった筆者は、その姿に一目で惚れました。

それから数々の作品が出るたび、ジャローダは欠かさず育成していました。笑

 

 

それはさておき。

1枚目は、デジタルで絵の練習を始めて間もない頃に描いたものです。

 

もともと、BW発売当初から、メモ用紙やノートに落書きしたり模写したりしていました。

そのころの知識を頼りに、何とかうろ覚えで描いたのですが、

物足りなさが否めません。

 

 

ここでまた個人的な話に入りますが、

ちょうど前回のインテレオンを描いた後、ペイントソフトを「メディバンペイントプロ」から「CLIP STUDIO PAINT PRO」に変え、

また、ニンテンドー3DSソフト「新・絵心教室」もやり始めました。

 

 

それで背景や色の塗り方などを勉強しつつ、

1枚目の絵から2カ月後、

再びジャローダを描いてみたのです。

 

 

↓こちらが2枚目。

 

 

自分で言うのもアレですが

だいぶ雰囲気が変わったかと思われます。

 

油性ブラシ的な筆ツールで、木の幹や葉っぱを塗ってみたら、思った以上に森っぽくなりました。

また、同じツールで、上から微かに覗く木漏れ日の照らされる感じも、意外に表現できたのは驚きです。

ただ、奥行の描き方や影の塗り方などが全然甘いので、

多くの改善の余地はあります。

 

それでも、過去の背景込みのイラストよりも、解像度は上がったと思われます。

この時あまり思わなかったのですが、

いくら風景が頭に思い浮かんだり写真があったりしても、描き方・やり方を勉強しなきゃ全然描けない!

ということが身に染みてわかります。

 

 

同時に、絵をちゃんと描くには、時間がかかるものなんだ。

と悟った時でもありました。

もちろん早く描けるに越したことは無いですが、知識も描き方もわからない場合、

自分の描きたい形に作るには、

やはりたくさんの試行錯誤が行き交います。

 

1枚目は確か、2、3時間、

2枚目は、おおよそ6、7時間かかったと思います。

(慣れてる方からしたら、「こんなんで6時間(笑)」てなるでしょう。。)

もう一度見てみましょう
こっちが2枚目

 

 

ラフや線画の段階で、

どう描いたらそのキャラらしさが出せるか、 

この部位は違和感がないか、

分からなかったら、画像を探してどんな感じにすればいいか探す。

 

経験が少ない時ほど、参考のものを探したり、考える必要がある。

かなりしんどいですが、自分が本当に表現したいものの為には、避けては通れない過程じゃないかと思います。

 

 

ジャローダはこの後も幾度か描いているので、再び載せていければ良いなと思います。

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました