「プライベートを充実させる」に込められる本質とは

こころ

社会人であれば、会社に入社するときや、何らかの機会で上司に、こう言われたことがありませんか。

 

「プライベートは充実させなさい!」

 

よく言われるアドバイスのようなものですが、その本質は、実は理にかなっているのではないかと、社会人歴3年以上の筆者は思うのです。

 

筆者のスペック:

  • 26歳♂、大卒
  • 小売業でセイシャ
  • 適当に就いた仕事なので、スキではない
  • 時々気分の浮き沈みが激しい
  • 趣味は本を読む、たまにドライブやゲーム

 

冒頭にあった謳い文句(?)にどんな意味や先輩方の願いが込められているか、読み取っていきます。

 

やりたいことを実行しているかどうか

 

プライベートを充実させるという以前に、

自分の時間で、やりたいことを見出しているか。そしてそれを実行しているかが、関係してくると思います。

 

人はみんな、仕事以外で自分の好きなこと・やりたいことを持っていますよね。

趣味としてやっていることに限らず、資格を取るための勉強だったり、リラックスするための時間を設けたり、何でもあります。

水へび
水へび

そんなのはないな、という人でも、

探すと何かしらあるかもよ!

 

そして、仕事の時間と分けられているかどうか、が重要だと考えられます。

 

(やりたいことを仕事にしている人もいます。とても素晴らしいです。ですが、ここでは論外とします)

 

逆に充実させないでいると

 

 

持論というか経験談ですが、逆にやってみたいことをやらずに過ごすとします。

仕事の合間の休日、やってみたいことはあるけど、次の出勤まで休みたいし、金銭的にまだやらなくていいかな…

と、時間はあるものの、日々の業務の疲れやちょっとした怠惰が残っていると、休みの日は意外と我慢できたりします。

 

 

ところが、いざ勤務中になると、

「本当は○○やりたいのに…!」

「やればよかった…こんなはずじゃ…!」

 

と、逆にモヤモヤする

イライラして仕事に支障をきたす

ミスを頻発

心も頭もストレス、、休日は疲れてる、、

 

と、ちょっと極端ですが、こういう後悔・悪循環が起きます。

非常につらいです(経験談)

 

 

抽象的な話になりますが、多くの人は、自己実現や、承認欲求のもとで、行動をしたがります。

その中に、それぞれ自分が大事にしていることや本音などが乗せられている、人生の測りなるものがあると思います。

あくまで生活やローンなど、仕事を「お金のため」の理由で仕方なく勤務している≒やりたいことではない場合、それは当人の人生の測りにかけると、そこまで重くないオモリで乗せられているはずです。

だのに、一週間のうち起きている時間の全てを、それで埋められたらどうでしょう。

 

測りのバランスが混沌と化していきそう。。

いくら生活やお金のためでも、なかなか耐えられたものでは無いです。筆者ならもう狂ってる所です。

 

 

心の満足度がパフォーマンスに繋がる

話を、やりたいことを実行してるかどうかに戻します。とはいえ、経済的な理由で仕事をする方が多いですよね。

仕事終わりのつかの間のひと時や休日も、使い方が限られます。

ですが、そのちょっとした時間で、仕事と完全に分けて、やりたいことをして自己実現していれば、後々の心の満足度が大きく変わってきます。

仕事一筋!!という人、今の仕事がやりたいことなのだ!という人もいますが、そういった方々も、自己実現が叶っているのだと思います。

 

前項の持論にもあったように、私もよく、休日などに趣味の読書や洗車などしなかったことにより、仕事中にモヤモヤすることがあります。(集中しろよとツッコみたくなりますがね。。)

でも、少しでも本を読んだり、休みたいけど洗車しちゃおうと思って洗いにいったりした後だと、しなかった時よりも変な後悔がなくて、たとえ好きでもない接客業でも集中できたりします。

また、仕事中はもちろんで、他の興味がわくものに手を出したくなるなど、パフォーマンスも良くなります。

 

まとめ

まさに、「プライベートを充実させよう」にこめられるのは、

 

・自己実現を少なからずしているか

・心の満足度が上がる

・逆に充実していないと、仕事中にモヤモヤしやすくなる

・仕事の集中力やパフォーマンスも上がる

 

という本質が込められているのではないのでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました