モヤモヤして悩み苦しい人へ ことば3選

こころ

人は誰しも、悩みをもって生きているもの。

自分だけうまくいかない、どこで間違えたのだろう、気分が晴れない。。

と、悩み苦しんでいませんか。

モヤモヤしている人へ向けた3つのことば

そんなあなたへ、私が読んできた本から、

悩む人へ向けたメッセージを、

3つ抜粋して紹介します。

1. 心は天気のようなものである。晴れの日もあれば、雨の日もあれば、曇りの日もあるのが自然である。(森田正馬)

心は、晴れの日のような元気な時もあれば、曇ったように気分が乗らない日もある。

時には、にわか雨のように急に泣きたくなるときもあるでしょう。

精神化医の森田正馬氏(1874~1938年)は、こう続けています。

晴れの日ばかりであればどうなるだろうか。日照りになって農作物は枯れてしまうだろう人の心も同じことだ。

常に前向きにいこう、どんなことがあってもへこたれない。負けない。

と、いつも自分を奮起させていませんか?

いつも明るくふるまうのは悪いことではありません。でも、いきなり叱られたり失敗したり、悪いことが起きた時に無理にポジティブになるのは、

ただでさえマイナスになっている心への負担が、凄く大きいものだと思います。

辛いときには無理せず、自分に正直になって、身をゆだねてみては。

(ただし、他人に八つ当たりするのは、かえってお互いに怒りが生まれるので、やめましょう。)

2. 何かに思い煩い、せきたてられ、痛みや苦しみを感じていたとしても、そのままでいい。そうすれば、いつの間にか解放されて楽になれる。(森田正馬)

同じく、精神科医の森田正馬氏。これは氏による「煩悩即解脱」というもの。

重要な悩みがあったら、とことん悩もう、と言っています。

悩みに悩んで、徹底的に深くまで悩んだ末に、人は苦悩からスポンっと抜け出せる。

下手に中途半端に「もう、いいや」と避けていると、いつまでももやもやしてしまう。

私自身もよく悩みますが、あれこれ迷ったら、思い切って人に相談するとか、解決しそうな本を手に取る、というようにしています。

すると、悩みの根本は人に聞くまでや調べるまで「知らなかったこと」や、

行動したいけどしなかっただけのジレンマだった、

など、原因がわかるような解放感が生まれます。(私の場合)

もし悩んでいることがあれば、

一度真剣に向き合ってみては。

 

3. 人が執着の心を起こすと、たちまち、迷いの生活が始まる。だから、さとりへの道を歩むものは、握りしめず、取らず、留まらないのが、とらわれのない生活である(『仏教聖典』)

皆さんご存じのお釈迦さま。王族に生まれながら、悩み苦しむ人々のために、自ら王位を捨てて悟りを開きにいったとされます。

こだわることは、個性がでてよいことかもしれませんが、

「こうあるべきだ」というのを持ちすぎると、

他の人を見て自分の「こだわり」からはみ出たり、反していることをされたら、気になってしまいます。

「仕事は早くやるべきなのに、なぜあの人は仕事のスピードが遅いの」

「親切にするべきなのに、この人なぜ不親切なの」

こうあるべき!という「こだわり」をもつより、

これでもいい。あれでもいいや。

くらいの「いい加減」をもつと、変に気を張らず、少しでも楽になる。

といった悟りですね。

☆☆まとめ

・心は天気のように、一定ではないときもある

・悩むときは徹底的に悩んだほうが、解放しやすい

・こだわりすぎると、意に反したときに自分が揺らいで迷ってしまう。適度な適当さを持つとラクになる

 

悩みは尽きないもの。

ですが、うまく付き合っていって、

素敵なライフを送りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました