一人暮らしで注意するべきこと ~玄関編

暮らし

春になりました。進学した大学での新たなキャンパスライフが始まっていたり、あるいは新社会人で新しい生活を送ることになったり、いろいろな新しさがあると思います。

そんな中で誰かは、県外からの引っ越しや転勤で、初めての一人暮らしをすることになる人もいることでしょう。

 

一人暮らしってこわいな。。

それまで家族のいる場所で過ごしていた方は、そんな不安もあるでしょう。

 

いいえ、楽しみで仕方ないわ!!

そんな自由人な方もいるでしょう。

 

一人暮らしで注意すること

ここでは、一人暮らししているときに頭に入れておいてほしい、玄関先で注意するべきことをまとめています。一人暮らし歴5年以上の私、水へびが、私なりの対処法を交えながらざっくり紹介します。

既に一人暮らしを始めたよ!という方も多いとは思いますが、そういえばこんな不安もあったな、という程度で思い出せたり、参考になったらうれしいです。

 

怪しい人は絶対来ると思っていい

少々脅されるような小タイトルですが、本当に来ます

とはいっても、いつも来るというわけではありません。運にもよりますが、数か月そういったことが起きない場合もあるので、ごく稀なことです。

来やすいのは、アパート・マンションに引っ越してきて間もない1~2か月程度の間でしょうか。あとは忘れたころ、休日の午前や、仕事が終わった後の夜にインターホンが鳴ることもあります。

繰り返しますが、全く知らない、関係ない人があなたの部屋の前に立つのはごく稀です。しかし稀だからこそ、遭遇した時は焦ると思います。

いきなりピンポーン!となった時のための、アドバイスを2つ簡単に紹介します。

 

 ドアスコープで相手をしっかり確認

ドアスコープとは、玄関の扉についているのぞき穴のような穴です。先に玄関を開けず、落ち着いて確認しましょう。(ドアスコープのない部屋は、モニター付きのドアホンが設置されていると思います。インターホンが鳴れば、狭い範囲ですが外の確認ができます)

ここで見て、相手が友人や家族、事前に打ち合わせした大家さん(その賃貸の賃主)や業者らしき人などであれば、扉を開けましょう。

全く知らない私服姿の人や、明らかに日本人とは違う感じな顔つきの人、何らかの打ち合わせをした覚えもないのにピッチリスーツ姿が居たら、物音をたてずに無視しましょう。大抵は、新聞や生命保険などの契約のために飛び回ってる方々、教えの勧誘をする方々、でしょう。

わざわざ来てくれたから申し訳ないな。。と思う人もいらっしゃるでしょう。私も思います。訪問する方々も、やむを得ずお仕事で回っているかもしれません。ですが、だからと言って開けてしまうと最後、満面の笑みで

「ああ!こんにちは!○○保険です!ありがとうございます!」

といった、引き返しにくい空気にもっていかれます。笑顔で進められるとなおさら、拒否するのが辛くなってきます。勇気を出して無視しましょう

 嘘を作る

ドアスコープで見て、誰か判らないけど大家さんや水道・ガス・電気の業者らしき人かな、と思ったので開けたら全然違う人だった。

気を付けていても、もしかしたらそういう事に遭うかもしれません。先ほどから私は「らしき人」を強調していますが、外の人が本当に怪しい人か、わからないものです。

そこで、もし何かの勧誘だった時に断る術として、嘘をつくことを推奨します。適当な生年月日や偽名、出身地も何から何まで嘘を作りましょう。そして、自分は今そういう時間がないのだ、という嘘もつきましょう。

すると、大抵は資料(?)を渡して終了、回避できるはずです。

嘘を作るのは、臨機応変さを求められますが、完璧な嘘でなくても大丈夫です。ただ意識してほしいのは、自分の苗字名前や生年月日をすぐ特定できないような嘘にすることです。

※それでも帰ろうとしない態度を見せてきたら危険です。油断しているところ透かさずドアを閉めましょう。カギも絶対締めること。

真面目に色々と正直に応対していると、いつの間にか不要な新聞を契約していた、ということも起きます。少し話が逸れますが、玄関先でなくても、嘘をついて回避することができたほうが、自分の人生を狂わさずに済みます。

勧誘系の対処についてもう少し詳しく書かれているのはこちら⇩⇩

いきなり遭遇する勧誘。対処は?
一人で部屋にいる時にあやしい勧誘に遭遇、あるいは知らない電話番号に出たら勧誘系だった。そんなときの対処方法を、私なりになるべく平和的な対処法をまとめています。

 

怪しい人らしき影が玄関先に立っているときは、冷静に

 

(※すべての知らない人に嘘をつけ、ということではありません。知らない顔でも、既にこちらの名前を把握している&自分のかかりつけの不動産やガスの業者の方などがいらっしゃることが大半です。)

 

☆☆まとめ

一人暮らしは楽しい面がありますが、同時に一人だからこそ、注意することも多くあります。

・ごく稀だが、知らない人や怪しい人は来る。

・怪しいと思う人が来たら無視すること。

・勧誘を断るときは嘘を作る。

 

以上、一人暮らしするうえで、私水へびが思う気を付けるべきことでした。

 

目まぐるしい時代。。

少しでもあなたがたくましく生活できますように。。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました